小学5年生の算数の市販教材15冊(割合に特化したものあり)

小学5年生の算数

小学5年生の算数で多くのお子様が苦手としてしまう単元が「割合」です。

中学受験でも「割合」「比」は多くの学校で出題されます。

また、中学受験をしないお子様であっても、中学生になったとき方程式で割合の問題を解くことになります。

したがって、小学5年生で学習する「割合」を理解し、出来るようにすることは非常に重要です。

算数が苦手・嫌いになってしまうきっかけにもなるので、時間をかけてじっくりと取り組むようにしましょう。

小学5年生の「割合」に特化した教材4冊

苦手にしてしまいがちな「割合」の単元に特化した市販教材があります。

教科書や塾のテキストだけでなく、「割合」だけの教材をやっておくと理解度が高まり、自信が持てるようになります。

ぜひ小学5年生のお子様は「割合」の勉強をしておくことをおすすめいたします。

  • 割合の基礎を学ぶのに適しています
  • 公式だけでなく、イメージを持つことが大切です

  • 実際に問題を解いて、実力をつけていくことが大切です
  • 解答が答えだけなので、最初の1冊には不向きです

次に紹介する教材は「割合」の指導のためのものとなります。

お子様が苦手としがちな「割合」を教えてあげる際、役に立つ1冊です。

  • 保護者の方向けの教材です
  • お子様に教えてあげる際、役立ちます

「割合」を苦手にしてしまう理由として、小数や分数の計算が複雑だからといったケースがあります。

せっかく解き方が分かっても計算ミスで間違えてしまうことがあるのが「割合」の単元です。

そのため、小数・分数の計算練習をしておくことが必要となってきます。

  • 毎日1ページずつやると良いでしょう
  • 勉強の習慣づけにもなります

中学受験をしないお子様向けの教材3冊

中学受験をしないお子様の場合、まずは教科書レベルの問題を確実に解けるようにしていきましょう。

教科書の問題が解けなくなると算数が嫌いになってしまいます。

「嫌いになる→勉強しない→成績が下がる→さらに嫌いになる」といったような悪循環に陥ってしまいます。

算数が嫌いにならないよう、勉強時間を確保するようにしましょう。

そのためには、「やるべき教材を準備し、毎日1時間やる」といったようなルールを作ることが大切です。

  • 教科書ワークがあれば1人でも勉強出来るようになります
  • 学校によって教科書の出版社が違うので注意が必要です

  • 予習にも復習にも使えます
  • 単元ごとに基礎からステップアップすることが出来る作りです

  • 算数が得意なお子様におすすめです
  • 学校の勉強よりも難しい問題が出ています

中学受験を目指しているお子様向けの教材8冊

中学受験を目指している場合、塾に通っているお子様も多いと思います。

塾に通っている場合、塾で購入した教材が沢山あると思いますので、まずは塾の教材をしっかりとやることが大切です。

その上で、必要な市販教材を購入すると良いでしょう。

塾に通わずに中学受験を目指すお子様は、何冊か受験用の教材を準備する必要があります。

教材を準備し、時間を決めてやっていくのは中学受験をする場合も、しない場合も同じです。

まずは教材を準備することから始めましょう。

  • 中学受験は計算力が大切です
  • 実際の中学入試の問題も出ています

  • 中学入試で出題された問題が掲載されています
  • 繰り返し練習することをおすすめいたします

  • 中学受験の割合は大人が解いても難しいことがあります
  • まずは基礎から割合の学習を始めましょう

  • 基本問題の練習に最適です
  • 解説が詳しいです

  • 文章題に特化した教材です
  • レベルがステップアップしていくので、取り組みやすいです

  • 文章題に特化した教材です
  • 中学受験を目指しているお子様におすすめです

  • 図形分野の問題がおすすめです
  • 中学受験を目指しているお子様はパターンを覚えることが大切です

塾に通っているお子様は、分からない問題が合った場合、質問しにいくようにすれば良いでしょう。

塾に通わず中学受験をする場合、分からない問題は保護者の方が教えるようになるのではないでしょうか。

事前に保護者の方が中学受験の算数の教え方を知っていると、分かりやすく説明することが出来ると思います。

中学受験の算数の教え方のコツについて書かれた本があります。

  • 保護者向けの教材です
  • 中学受験で出題されやすい240問を解説しています

まとめ

小学5年生になると、算数も難しくなってきます。

中学受験をする場合、2学期からの単元が一気に難しくなります。

算数を嫌いにならないよう、毎日コツコツと勉強することが大切です。

つまづきやすい単元(具体的には「割合」)を攻略することがポイントです。

市販の教材も色々な種類があるので、お子様のレベルにあったものを選ぶようにしましょう。

また、中学受験をするか、しないかによって教材が変わってきます。

中学受験をしない場合は、学校のレベル+αくらいまで出来るようにしておくと、中学生になって数学の勉強がしやすいと思います。

中学受験をする場合、塾に通っているか通っていないかで必要となる教材が変わってきます。

小学6年生になってから復習で使うことも出来ると思いますので、少し多めに準備しておいても良いでしょう。

お子様と相談しながら教材の準備をしていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)