小学5年生におすすめの読解・語句の市販教材9冊と読書本2冊

小学5年生の国語

小学5年生になると、算数や理科、社会の勉強も難しくなってきます。

そのため国語や読書にかける時間が限られてくることでしょう。

そこで、自分のレベルにあった勉強をすることが大切です。

小学6年生になると更に時間が限られてくるので、5年生のうちに出来ることをしっかりと行うようにしましょう。

特に中学受験をする場合、読書をする時間を小学6年生で取るのは難しいので、今のうちに沢山本を読んでおくと効果的です。

今回は小学5年生の読解問題や語句に関する市販教材、読書本を紹介したいと思います。

小学5年生のお子様・保護者の方の参考に少しでもなれば幸いです。

語句に関する市販教材3冊

語句に関する問題は独立して出題される場合もありますし、読解問題の中で出題される場合もあります。

また、直接語句に関する問題がなかったとしても、文章の中に出てくる言葉を知らないと、内容を把握する時に困ることがあります。

したがって、語句の勉強をしておくことで、国語の得点を伸ばすことが出来るようになります。

  • 中学受験を考えているお子様におすすめです
  • 空き時間に読むだけでも効果的です

  • 中学受験を考えているお子様におすすめです
  • 小学6年生になっても使えます

  • 中学受験を考えているお子様におすすめです
  • 同音異義語はテストでよく出題されます

中学受験を目指している小学校高学年のお子様であれば、電子辞書を使っても良いと思います。

というのも、限られた時間内で多くのことを勉強する必要があるので、電子辞書を使うことにより時間短縮が出来るからです。

国語だけでなく、社会や理科でも電子辞書が活躍することも多々あります。

  • 紙の辞書の使い方が分かっている場合、電子辞書を考えても良いと思います
  • 電子辞書があると、調べる時間を短縮することが出来ます

  • 電子辞書は高校生になっても使うので、良いものを購入しても良いかと思います
  • パソコンやスマホほど新機種が出ないと思います

小学5年生用の読解問題の市販教材6冊

中学受験をするか、しないかによって勉強する教材が変わってきます。

小学4年生までですと、中学受験用と非受験用でそれ程差はありませんが、小学5年生からは大きく変わってきます。

したがって、お子様に合った市販教材を準備することが大切です。

  • 中学受験をしないお子様におすすめです
  • 国語が苦手・嫌いなお子様に最適でしょう

  • 中学受験をしないお子様におすすめです
  • 毎日1題ずつ取り組むのに最適です

  • 中学受験をしないお子様におすすめです
  • 学校の国語より難しい問題をやりたいお子様に向いています

  • 中学受験を目指しているお子様におすすめです
  • 日能研のテストでの正答率によって難度が分けられています

  • 中学受験を目指しているお子様におすすめです
  • 解説が丁寧です

直接的な教材ではありませんが、国語の読解法の勉強になる教材です。

読解問題で答えを見つける際、どこを見たら良いのか、どう読んだら良いのかなどを知る参考になると思います。

今まで「ただ問題を解いて丸付けをしていた」というお子様に、是非読んでもらいたい1冊をご紹介いたします。

  • 中学受験を目指しているお子様におすすめです
  • 国語の読解問題の解き方を勉強したいお子様に読んで欲しい1冊です

小学5年生におすすめの読書本2冊

中学受験を目指している場合、読書時間を取ることが出来るのは小学5年生まででしょう。

小学6年生になると、模試や特別授業などで土日も時間を取られてしまいます。

平日は今まで以上に科目の勉強に時間を取る必要があるので、なかなか読書の時間を取ることが出来なくなります。

そこで、小学5年生のうちに多くの本を読んでおくことをおすすめいたします。

お子様の読みたい本でも構いませんが、中学受験を目指しているお子様であれば、受験に出題されるような本を読む方が効果的です。

中学入試の国語の文章で出題されやすい作家として「重松清」や「椰月美智子」がいます。

主人公が小中学生・高校生の作品が出題されることが多いです。

大人が読んでも面白い作品が多いですので、お子様と一緒に読んでみてはどうでしょうか。

  • 短編集で読みやすいです
  • 模試や入試に出題されたことがありました

  • 多くの中学校の入試問題で出題されました
  • 大人が読んでも面白いと思います

まとめ

小学5年生のうちに読書をしておくと良いかと思います。

中学受験を考えているのであれば、小学5年生までしかまとまった時間が取れないでしょう。

読みたい本、中学入試を意識した本など、色々と読んでおくことをおすすめいたします。

本を読むことにより、多くの語句を知ることも出来ます。

分からない語句が出てきた時、すぐに調べることが出来るよう電子辞書を準備しておくと効果的です。

しかし、読書をしたからといって読解問題がすぐ出来るようにはなりません。

読書と読解問題の文章では、読み方が変わってきます。

そのため、読書とは別に読解問題の練習をしておく必要もあります。

特に、文章の読み方、答えの見つけ方などを意識して勉強する必要があります。

小学6年生になる前に、読解力を身につけられるよう練習をしておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)