【中学受験】2021年入試の最新時事問題集のおすすめ6冊

最新時事問題

中学入試の社会では「時事問題」が出題されます。

  1. 時事問題として直接出題される
  2. 時事的な出来事を切り口に各分野の問題が出題される

時事問題については、上記2つのパターンがあります。

上記の1の場合、時事問題の対策をしていないと歯が立たないでしょう。

また、上記2の場合であっても、時事的な出来事から出題されるであろう分野が予測出来たりもします。

したがって、中学受験をする小学6年生は時事問題の対策をしておく必要があります。

毎年11月頃に多くの「時事問題集」が発売されます。

時事問題集が発売されてからの対策で間に合いますので、焦らず計画的に進めていくようにしましょう。

おすすめの時事問題集

時事問題集は多くの出版社から発売されています。

中には公務員試験用のものなどもありますが、中学受験に特化したものを選ぶようにしましょう。

そして、2冊準備しておくと効果的です。

時事問題集を2冊準備する理由

1冊だと出ていない時事的な出来事があるかもしれないため

中には10月に発売されるものもあるので、早めに1冊読んでおくのも良いでしょう。


10月に発売される時事問題集2冊

10月になると、その年の時事問題集が発売され始めます。

本格的な勉強は11月からでも遅くありませんが、1冊読んでおくと理解が深まるかもしれません。

空いている時間を利用して少しずつ読み進めてみましょう。

  • 10月に発売される1冊です
  • 学研の時事問題集です

  • 10月に発売される1冊です
  • 時間がある時に読んで欲しいと思います

11月に発売される時事問題集4冊

11月になると中学受験塾の時事問題集が発売されます。

予想問題も収録されていますので、本格的に時事問題の勉強を始めていきましょう。

また、時事問題だけでなく巻末などに収録されている「あれから何年」といったような記事も読むようにしましょう。

読むだけではなく、関連する事柄をまとめることで更に点数が伸びると思います。

時事問題集の隅々まで読んで、入試に出題されそうな事柄をチェックしていくことが大切です。

  • 中学受験塾「日能研」の時事問題集です
  • 「時事問題資料集」「時事問題用語集」が便利です

  • 社会だけでなく理科の時事問題対策にもなる1冊です
  • 大手塾「栄光ゼミナール」の時事問題集です

  • 中学受験塾「四谷大塚」の時事問題集です
  • 理科の時事問題の対策にも役立ちます

  • 中学受験塾「サピックス」の時事問題集です
  • 「一問一答形式の時事用語単語カード」が便利です

2021年度に出題されそうな時事問題

  • コロナウイルス
  • 内閣総理大臣
  • オリンピック
  • EU
  • 三大急流

2020年も多くの出来事がありました。

個人的には上記トッピクスに関連した問題が出題されるのではと考えています。

直接的に出題されるよりも、関連した事柄を問う問題が多いのではとも考えています。

たとえば、オリンピックに関連して、東海道・山陽新幹線沿線の地理・歴史に関する問題などです。

三大急流につきましては、球磨川や最上川の氾濫があったため今年の入試では出題されるのではと考えています。

また、関連する出来事として環境問題に関する出題も多いのではないかと思います。

※環境問題は中学入試で毎年出題されるジャンルです

時事問題集に付属している予想問題をやることはもちろん、関連する分野のテキストの問題をもう一度やっておくと、更に効果的です。

あれから何年?

中学受験の社会の問題では、「あれから◯◯◯年」といった切り口での出題も見られます。

切りが良い100年・200年前に起こった出来事に的を絞って勉強しておくことも重要です。

2021年度入試を受験する方は、2020年・2021年を基準として考えるようにして下さい。

2020年を基準とした場合、ちょうど100年前の1920年に「国際連盟の成立」という出来事がありました。

国際連盟に関連する出来事はもちろん、国際連合についても確認が必要でしょう。

2021年を基準とした場合、ちょうど800年前の1221年に「承久の乱」が起こっています。

承久の乱が起こったのは鎌倉時代ですので、鎌倉時代の出来事、上皇についてなどを確認しておくと良いでしょう。

関連記事中学・高校受験の社会の歴史(鎌倉時代のポイント)

時事問題集にも「あれから何年」というページがあったりします。

その出来事だけを確認するのではなく、その時代の復習をすることが大切です。

まとめ

中学入試の社会の「時事問題」につきまして、焦る必要はありません。

逆に、地理・歴史・公民と広い範囲の中から、ある程度の出題予測を立てることが出来るので、11月に時事問題集を購入してから復習をすることが大切です。

社会は暗記科目であるため、直前まで点数を伸ばすことが出来ます。(もちろん準備は早い方が良いですが)

時事問題の学習と並行して、苦手分野の見直しをするようにして下さい。

社会の勉強をする時、手元に地理・歴史・公民のテキスト1冊と時事問題集2冊、それと専用のノートを準備しておくと効率的にまとめることが出来ます。

入試直前に見直しが出来る社会のノート(時事問題を含む)を作るようにしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)